オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

目から入る紫外線でシミが増える? 今すぐ始めたい対策方法

肌の日焼けは、塗る日焼け止めだけで防げると思っていませんか? しかしいくら肌を守っていても、目に紫外線を浴びているとメラニンが生成され、シミなどの原因になってしまいます。
目から入った紫外線は私たちの肌にどのような影響を与えるのか、透明感を守る対策方法と一緒に見ていきましょう。

目から入った紫外線が、肌の日焼けを引き起こす!?

目に強い紫外線を浴びると、角膜に炎症が起こります。
実はこの炎症こそが、メラニンが過剰に作られる一因になります。
そもそもメラニンは、肌を紫外線などの刺激から守るために作られる盾のようなもの。
目の炎症が脳に察知されると「メラニンを作って肌を守れ!」という命令が伝わり、メラニンが多く作られてしまうのです。
このようなメカニズムによって作られたメラニンが蓄積すると、日焼けやシミなどの原因になってしまいます。

日から始めたい、目の紫外線対策方法

目に強い紫外線を浴びると、角膜に炎症が起こります。
実はこの炎症こそが、メラニンが過剰に作られる一因になります。そもそもメラニンは、肌を紫外線などの刺激から守るために作られる盾のようなもの。
目の炎症が脳に察知されると「メラニンを作って肌を守れ!」という命令が伝わり、メラニンが多く作られてしまうのです。
このようなメカニズムによって作られたメラニンが蓄積すると、日焼けやシミなどの原因になってしまいます。

UVカット率の高いサングラスをかける

目の紫外線対策には、サングラスが効果的です。ただし、サングラスなら何でもいいというわけではありません。
目と肌の両方を紫外線から守るためには、UVカット率(紫外線遮蔽率)が高いサングラスを使う必要があります。商品の表示をよく見て、UVカット率が限りなく100%に近いものを選ぶようにしましょう。
また、レンズやフレームのサイズにも注意が必要です。
レンズが小さかったり、フレームが顔にフィットしていなかったりすると、隙間から紫外線が入り込んでしまいます。できるだけ試着をして、サイズやフィット感を確認してから購入してくださいね。
最近では、UVカット機能のあるコンタクトレンズや、眼鏡の上から取り付けられるUVゴーグルなども販売されているので、用途に合わせて使い分けましょう。

帽子や日傘を併用する

サングラスと一緒に帽子や日傘を使うと、目に入る紫外線をさらに減らすことができます。帽子はなるべくツバが大きいものを選ぶと安心です。
なお、どちらも紫外線を遮断できる製品でなければ意味がありません。必ず「UVカット」の表示がある帽子や日傘を使用しましょう。

日焼け防止サプリを飲む

サングラスなどのUVカットアイテムを使用していても、目から入る紫外線を完全にカットできるわけではありません。
また、通勤時やちょっとしたお出かけなど、サングラスを使用できないシーンも少なくないですよね。
そんなときのダメージが気になる方には、体内から日焼けを防ぐサプリをおすすめします。
メラニンの生成を抑えるフィトールやビタミンCを体内に取り入れることで、日焼けやシミのリスクを減らすことができますよ。塗る日焼け止めやサングラスと一緒に、飲む日焼け止めも毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

目に強い紫外線を浴び続けると、ドライアイや白内障など、目の病気まで引き起こしてしまいます。
美しい肌を守ると同時に、目の健康を保つためにも、サングラスやサプリを活用した紫外線対策を続けていきたいですね。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036