オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

まぶたに優しく! 二重のりの正しい落とし方

誰でも気軽に魅力的な二重になれる二重用のりはとても便利ですよね。

今やメイクの時には必須アイテムという方も多いと思います。
そんな二重のりですが、実は間違った落とし方をするとまぶたに深刻なダメージを与える可能性があるということをご存知でしょうか?

二重のりはとっても強力

二重のりやアイテープは強力な粘着力を使って一重を二重にしたり、奥二重をくっきりとした二重に、あるいは二重の幅を調整したりできる定番のメイク用品です。
今はウォータープルーフのものや長時間の持続性を強調したものも発売されており、いろいろな種類から選ぶことができます。
長時間直さずに二重を持続できるのはとても便利ですし、プールやお風呂でも使えるのはすごく助かりますよね。

ですが、どれも接着力でまぶたを支えている為、落とすのは少し手間がかかってしまいます。
ウォータープルーフや長時間持続するものになると、より強い接着力なのでなおさらです。

こんな落とし方、してませんか?

二重のりを使用すると、どうしても落とすのに時間がかかったり、何度やっても上手く落とせない事がありますよね。
落とすのがつい面倒になって指でこすって落としたり、のりをムリヤリ爪を立ててはがしたり…そんな事を繰り返していると、お肌に余分な負担ををかけることになってしまいます。
たとえ今は大丈夫でも、もしかしたら将来大変なことになってしまうかもしれませんよ。

落とす時にのりを強引に引っ張ったりこすったりすると、まぶたも一緒に伸びますよね。

それを何度も繰り返していると、少しずつまぶたが伸びてしまう可能性があります。
まぶたの皮膚が伸びてたるむと、今よりもずっとはれぼったいまぶたになってしまうかもしれないのです。

さらに、爪を立ててはがしたりするとまぶたに小さな傷ができてしまい、そこからバイ菌が入って炎症を起こしてしまったりすることもあるようです。
こうなってしまうと二重のりどころか、アイメイクすらできなくなってしまいますね。

二重のりの正しい落とし方

まぶたに優しく! 二重のりの正しい落とし方

まずはお湯に浸したコットンなどでおさえ、白く浮くまでのりをよくふやかしましょう。

のりが十分ふやけたら、ゴシゴシこすらずに優しく拭き取るようにはがしましょう。
部分的に残ってしまった場合は濡らした綿棒などで取り除くようにしてください。

ウォータープルーフなど強力なものの場合はアイメイク専用のクレンジング剤をたっぷりとコットンに染み込ませ、しばらく二重のりになじませてください。
お肌への負担を極力抑えながら、簡単に取り除くことができますよ。

二重のりを使用した後は肌の水分や油分が不足しがちなので、丁寧な保湿ケアが必要になります。
のりを完全に落としたら、化粧水や乳液などでしっかりとうるおいを与えてあげましょう。

アイメイクにかかせない二重のり。落とすときにもちょっとしたことに気を配って、まぶたに優しく使いこなしてくださいね。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036