オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

意外と乾燥しやすい「まぶた」のケア方法

デリケートな顔の皮膚の中でも「まぶた」は特に皮膚が薄く、最も乾燥が進行しやすい部分です。

また、まぶたは紫外線を浴びやすいことや、マスカラやクレンジングによる刺激、眼精疲労の影響なども受けるため、しっかりケアを行っていかないと深刻な肌トラブルを引き起こすリスクが高まってしまいます。
まぶたが乾燥してしまう詳しい原因や、まぶたの乾燥をケアする方法についてご紹介します。

まぶたが乾燥してしまう原因

まぶたの皮膚は頬に比べて1/3ほどの薄さしかないため外部刺激にとても弱いと言えます。
皮脂腺も少ないのでもともと乾燥が進行しやすい部分です。

また、乾燥を助長させてしまう大きな原因が「アイメイクの落とし方」にあるケースも。
アイメイクは落としにくいためつい洗浄力の強いクレンジング剤を選びがちですが、日常的に洗浄力が強いクレンジング剤を使っていると肌のバリア機能や保湿成分が失われ、 まぶたの皮膚をより乾燥させてしまいます。
クレンジング時にゴシゴシとまぶたをこすってしまう人も多く、これも皮膚の角質を傷つけ乾燥を悪化させてしまう大きな原因のひとつです。

まぶたの乾燥を改善していくためには、まぶたの皮膚がデリケートであることを知り、肌本来のバリア機能や保湿機能を守るようにケアを行っていくことが大切です。

まずはクレンジングの見直しを

まずはクレンジングの見直しを

皮膚が薄いまぶた部分は、特にダメージが強いクレンジングについて見直していくことが重要です。
なるべく洗浄力がマイルドなクレンジング剤を選び、こすらずしばらくクレンジング剤を肌になじませメイクをオフしていきましょう。

マスカラの重ね塗りや濃いめのラインをしっかり引いたようなアイメイクの場合は、弱いクレンジング剤ではなかなか落ちてくれないこともあります。
このような場合は普通のクレンジングではなく、アイメイクリムーバーを使いましょう。

アイメイクリムーバーは洗浄力は強いですが、擦らずにしっかりメイクを落とすことができるため肌へのダメージを軽減することができます。
コットンなどでリムーバーをゆっくり皮膚に浸透させて優しく拭き取り、マスカラは綿棒にリムーバーを付けて撫でるように拭き取っていきましょう。

普段の落としやすいアイメイクの日には洗浄力のマイルドなクレンジング剤を使い、しっかりメイクの特別な日にはリムーバーを使用してメイクをオフするというように、 日によってクレンジング剤の使い分けを行っていくと良いですね。

花粉症やアレルギーへのケアが必要な場合も

外的刺激に弱いまぶたの皮膚は、擦るなどの刺激により皮膚の乾燥や色素沈着が深刻化してしまいます。
花粉症やアレルギー体質により目が痒くなってしまう場合には、なるべく痒みを緩和するための薬を使う、まぶたを冷やして痒みを抑えるなどのケアを心がけましょう。

目に強い痒みが出てしまう花粉症やアレルギー体質の方は、専門医を受診なさることをおすすめします。

保湿には「セラミド」や「ワセリン」を

皮脂腺が少ないまぶたは保水力が低いため、化粧水での保湿ではあまり効果を得られません。
まぶたの保湿は、保湿力の高い「セラミド」の配合された基礎化粧品や、添加物の入っていない「ワセリン」などを使用するのがおすすめです。

特にまぶたの乾燥が気になる場合には、刺激の少ないワセリンのみでケアを行っていくと良いでしょう。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036