オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

日焼けしたらすぐに行いたい「アフターケア」のコツ

日焼けした後のお肌は熱を持ち、軽度のやけどを負ったような状態になっているもの。
そのためまずは日に焼けてしまった幹部を冷やし、熱を逃がしていくケアを行うことが大切になります。

全身が日に焼けている場合は、冷たいシャワーを浴びるか水風呂に入るのがオススメ。
ただ、冷たい水に当たりすぎると身体が冷えてしまうので、無理はせず少しずつ冷やしていくと良いでしょう。

体を冷やし終わったら、日焼けした部分へ濡れたタオルを巻いていきます。
強い日焼けが見られる場合は、その部分を保冷剤や氷水を入れたビニール袋などで冷やしてあげると良いでしょう。

日焼け後のアフターケア2:保湿する

日焼け後のアフターケア2:保湿する

日焼けした後の肌を冷やして熱を取った後は、しっかり保湿ケアを行い肌を保護しましょう。
まずは日焼けした部分全体に化粧水をたっぷり塗り、手のひらでハンドプレスをしながら水分を肌へしっかり浸透させていきます。
この時に肌をゴシゴシ擦ったり叩くなどの刺激を与えるのはNG。

優しく手のひらで肌を包み込み、皮膚を柔らかく押さえるような感覚で化粧水をなじませていくことが大切です。
冷蔵庫で化粧水を冷やしておくと、肌を再度しっかり冷やすことができるのでより効果的にダメージをケアすることができます。

また、日焼けによるシミやシワを防ぐためには、「ビタミンC誘導体」が配合された化粧水などを利用するのがオススメ。
ビタミンCにはメラニンを抑えシミを防ぐ働きがあります。

さらに紫外線により体内に発生する「活性酸素」を抑制し肌細胞のダメージを軽減するため、肌のハリを守りシワも予防する効果があります。
肌の乾燥はシワの大きな原因にもなるため、日焼け後の保湿ケアは丁寧に行っていきましょう。

ただし化粧水がヒリヒリと染みてしまう場合は、使用を中止し再度水などで冷やすケアを行うようにしましょう。
無理に化粧水をつけると、化粧水による刺激が肌をより傷つけてしまいます。
冷やすケアをこまめに行っても痛みが治まらない・悪化するなどの違和感が感じられる場合は、なるべく早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

化粧水をしっかり肌へ浸透させたら、乳液やクリーム・美容液などでフタをし水分を肌に定着させていきます。
塗り終わったらティッシュを顔に広げて当ててハンドプレスし、余分な油分などをオフしてあげましょう。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036