オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

冬も紫外線対策は必要! 乾燥しがちな肌を守るUVケア方法

紫外線は冬でも降り注いでいますから、年中変わらず十分な対策が必要です。しかし、冬の肌は乾燥していてデリケート。夏と同じ紫外線対策方法だと、肌が荒れてしまう可能性があります。敏感な肌を守るためにはどのような対策が必要なのか、冬に注意が必要な紫外線の種類とあわせて見ていきましょう。

冬は波長の長い紫外線「UVA」に要注意!

肌にダメージを与える紫外線は、主にUVAとUVBに分けられます。UVAは波長が長く、肌の奥のコラーゲンなどにダメージを与え、たるみやシワを引き起こします。一方、UVBは波長が短く、肌の表面にダメージを与えて、日焼けやシミの原因になります。

この2つの紫外線のうち、冬も注意すべきなのがUVAです。冬のUVB量は夏の半分以下に減りますが、UVA量は1年を通じてあまり変わりません。「冬だから紫外線対策をしなくて大丈夫」と油断していると、UVAのダメージを受け、肌のたるみやシワが進行してしまうのです。

冬のデリケートな肌を守る紫外線対策方法

SPFやPAが低めの日焼け止めを使う

冬も紫外線が降り注いでいますから、日焼け止めは毎日塗ったほうが安心です。しかし、冬の肌は乾燥の影響でバリア機能が衰えがち。SPFやPA値の高い日焼け止めは比較的刺激が強いため、連日使用すると、かえって肌トラブルを招く恐れがあります。
通勤や買い物程度のデイリーシーンでは、SPF20~30・PA++~+++程度の日焼け止めで十分でしょう。できるだけ肌に優しい、低刺激の日焼け止めを選ぶことがポイントです。

SUVカットグッズを併用する

紫外線ダメージを食い止めるためには、日焼け止めだけでなく、UVカットグッズも使いたいもの。UVカット効果のある日傘や帽子、ストールなどを併用することで、よりしっかりと肌を守ることができます。目から入る紫外線もシミを増やす原因になりますから、サングラスも併用したほうがいいでしょう。

日焼け止めサプリを活用する

いくら紫外線対策が必要といっても、やはり冬は油断してしまうもの。「日焼け止めを塗り直すのが面倒くさい」「冬は日傘を使うのが恥ずかしい」などの理由で、手を抜いてしまいがちですよね。また、「肌が乾燥して荒れているから、できるだけ日焼け止めを塗りたくない」という方も多いはずです。
そんなときの紫外線対策には、日焼け止めサプリが効果的です。あらかじめ飲んでおくことで、体の内側からダメージを予防できます。肌に負担をかけないため、乾燥肌や敏感肌の方にもおすすめです。

レジャーシーンではSPFやPAが高い日焼け止め+サプリを

スキーなどのレジャーシーンでは、普段より多くの紫外線を浴びてしまいます。強い紫外線から肌を守る必要がありますから、一時的にSPF50・PA++++の日焼け止めを使いましょう。さらに日焼け止めサプリを併用すると、紫外線ダメージを軽減する効果が高まります。もちろん、ヘルメットやゴーグルなども忘れないでくださいね。

紫外線の1種であるUVAは雲やガラスを通り抜ける性質がありますから、曇りの日や屋内でも注意が必要です。たとえ冬でも、日焼け止めやUVカットグッズ、サプリなどを活用して、健康的な肌を守っていきたいですね。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036