オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

日焼け止めの使用期限は? 去年のものを今年使っても大丈夫?

日中にあまり外出をしない方や、紫外線対策を面倒になってしまう方は、日焼け止めをワンシーズンで使いきれないこともが多いでしょう。「去年買った日焼け止めを今年も使い回そう」と考えている方も少なくないはずです。その行為は果たしてOKなのか、正しい日焼け止めの使い方とあわせてチェックしてみましょう。

日焼け止めの使用期限は?

日焼け止めに限らず、化粧品の使用期限は未開封で3年、開封後は長くても1年で使い切ることが推奨されています。開封した日焼け止めなら、1年が使用期限の目安といえるでしょう。 ただし、詳細な使用期限は、商品の成分や保存方法によって変化します。たとえば防腐剤の入っていないオーガニック系の日焼け止めは、開封後早めに劣化する可能性も。 また、高温多湿の場所で保管された日焼け止めは、たとえ防腐剤が入っていても劣化が早まります。異臭や変色、分離などが見られる場合は、処分することをおすすめします。

去年の日焼け止めは今年も使える?

正しく保存していた一般的な日焼け止めなら、1年以内は使用が可能です。しかし、肌に触れるものはできるだけ新鮮なほうが安心ですよね。肌のことを考えるなら、毎年新しい日焼け止めに買い直すことをおすすめします。 「捨てるのはもったいないからどうしても使いたい」という場合は、使用前にパッチテストをおこない、問題がないことを確認してから使いましょう。

使用期限切れの日焼け止めを使ったときのリスク

肌荒れや皮膚炎を起こす恐れがある

使用期限をすぎた日焼け止めは、防腐剤の効果が落ちて品質が低下しています。劣化した日焼け止めを使用した場合、赤み、かぶれ、湿疹、かゆみなどの肌トラブルを起こす危険性がありますから、使用期限を守ることが大切です。

日焼けが防止できない可能性も

劣化した日焼け止めの恐ろしさはもう1つあります。それは、日焼けを防止する効果が落ちること。塗っていても紫外線ダメージを防御できなくなり、シミやシワ、たるみなどの光老化を招いてしまうのです。将来後悔する恐れもありますから、適切に使いたいですね。

肌を守るために意識したい日焼け止めの使い方

できるだけ毎年新しいものに買い換える

すでにお伝えしたように、日焼け止めは毎年新しいものに買い替えたほうが安心です。しかも日焼け止めの性能は、製造メーカーの技術開発のおかげで年々グレードアップしています。最新の日焼け止めを使ったほうが、大切な肌をよりしっかり守ることができますよ。

飲む日焼け止めを併用する

紫外線ダメージを防ぐためには、体の内側からのケアも欠かせません。塗る日焼け止めだけに頼らず、ビタミンCやカロテンなどの抗酸化成分が配合された飲む日焼け止めも併用して、透明感のある美しい肌を保ちましょう。ダブル使いすることで、より自信の持てる肌につながります。

新鮮な日焼け止めで大切な肌を守ろう

今回は、意外と見落としがちな日焼け止めの使用期限についてご紹介しました。私たちの肌はとてもデリケートで、紫外線や劣化した成分に弱いもの。できるだけフレッシュな塗る日焼け止め、そして飲む日焼け止めで、大切な肌をしっかり守っていきたいですね。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036