オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

まつ毛の成長には「質の良い睡眠」が必要ってホント?

目元を華やかな印象にしてくれる長いまつ毛は、女性の憧れですよね。
そんな憧れのまつ毛を手に入れるためには、質の良い睡眠をとることが大切ってご存じでしたか?

まつ毛と睡眠にはどのような関係性があるのか、眠りの質をアップする方法とあわせてご紹介します。

まつ毛と睡眠の関係とは

睡眠中は、新陳代謝を活発化させる成長ホルモンが分泌され、肌細胞が新しく生まれ変わったり、髪が成長したりしています。その変化は、もちろんまつ毛にも同じように起きています。
つまり、睡眠時間をしっかりとることで、まつ毛も長く強く伸びてくれるのです。

しかし、ただ長時間の睡眠をとれば良いというわけでもありません。
大切なのは、成長ホルモンの分泌が活発になる午後10時~午前2時の間に深い眠りについておくこと。
この時間帯にしっかり睡眠をとることで、まつ毛の成長をいっそう促進できるのです。

眠りの質を上げる方法

眠りの質を上げる方法

まつ毛の成長のために長時間眠っても、質の悪い睡眠ではあまり意味がありません。
以下のポイントを意識して、睡眠の質を上げることが大切です。

≪就寝3時間前までに食事を済ます≫
食事をしてからすぐに眠ってしまうと、睡眠中も消化器官が働き続けてしまうため、疲労回復や成長に集中することができません。
食後は最低でも3時間ほど経ってからベッドに入るようにしましょう。

≪就寝1時間前までに入浴する≫
入浴して一日の疲れを癒すことは、睡眠の質を高めることに繋がります。
しかし、入浴直後の温まった体で布団に入ってしまうと、寝付きが悪くなってしまうことに。
人は眠る前に体の深部の体温を下げることで、脳や臓器を休ませる体制を整えているのです。
寝付きを良くするために、眠りにつく1時間前には入浴を済ませておきましょう。

≪就寝30分前にコップ1杯の水を飲む≫
睡眠中は、体温を下げるために汗をかくにも関わらず、六時間以上にわたって水分をとることができません。
そのため、水分が不足したまま寝ると、血液がドロドロになって安眠を妨げてしまいます。
就寝の30分ほど前にコップ1杯の水や白湯を飲み、水分を補給しておいてあげましょう。
水を飲む場合は、体を冷やしてしまわないよう常温の水を飲むようにするのがポイントです。

≪就寝前はスマホやPCの操作を避ける≫
スマホやPCのディスプレイから発せられるブルーライトには、脳を覚醒させる作用があります。
寝付けないからと言って就寝前にスマホを操作してブルーライトを浴びてしまうと、脳が興奮していっそう寝付きが悪くなり、眠りも浅くなってしまうのです。
どうしても寝付けない場合には、就寝前はスマホやPCを操作するのではなく、本を読むことをおすすめします。

≪寝酒をしない≫
寝付きが良くなるからと、就寝前にお酒を飲む方は少なくありません。
しかし、寝付きが良くなったとしても、アルコールによって脳が半覚醒状態になってしまうため睡眠の質は低下してしまいます。
お酒は寝る3時間前までに切り上げ、その後は水分をとってアルコールの分解と排出を促しましょう。

いかがでしたか?
まつ毛を成長させるためには、質の良い睡眠を充分にとることが重要だったのです。
今回ご紹介したポイントを押さえて睡眠の質を高め、長く美しいまつ毛を手に入れましょう。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036