オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

ニキビの根本的原因は乾燥だった!? 乾燥肌のためのニキビ対策法とは

「皮脂の過剰分泌はニキビの原因になる」という話は有名です。
そのため、ベタつきやテカリが気になる脂性肌にニキビができやすいと勘違いしがちですが、実は水分量が減っている乾燥肌も、ニキビができやすいといわれています。
乾燥とニキビにはどのような関係性があるのか、乾燥肌のためのニキビ対策法とあわせてご紹介します。

なぜ乾燥肌にニキビができるの?

「ニキビが発生する原因=皮脂の過剰分泌」と思いがちですが、実は肌の乾燥が根本的な原因になることもあります。
肌が乾燥して硬くなると毛穴の出口がふさがりやすくなるため、そこに皮脂が溜まってニキビが発生することがあるのです。
つまり、ニキビは肌の乾燥によっても引き起こされます。
とくに頬やあごなどのUゾーンにできる大人ニキビは、肌が乾燥すればするほど悪化しやすいため注意が必要です。

乾燥肌のためのニキビ対策法

マスカラ下地の正しい使い方

・洗顔はぬるま湯で優しく

洗顔に熱いお湯を使っていたり、ゴシゴシと強く洗っていると、肌に必要な分の皮脂までもが流れ出て、肌が乾燥しやすくなります。
また、洗浄力が強い洗顔料も肌のうるおいを奪うため、乾燥ニキビの原因になります。
洗顔をするときには洗浄力がマイルドな洗顔料を使用した上で、人肌程度のぬるま湯を使い優しく丁寧な力加減を心がけましょう。

・十分に保湿する

ニキビがあるからといって保湿ケアを怠っていると、毛穴の詰まりがますます悪化してしまいます。
肌の乾燥が進む洗顔後やお風呂上がり後には、必ず十分な保湿ケアを行って、肌を柔らかい状態に保ちましょう。
乾燥ニキビを改善するためには、さっぱり系の化粧品ではなく、保湿効果の高いものを使うことがポイントです。

・水分をしっかりとる

体内の水分が不足していると、代謝が悪くなって肌の乾燥も進みやすくなります。
たとえのどが渇いていなくても、2~3時間おきに1回はコップ1杯分の水分をとるようにしましょう。
ただし冷たい水だと胃腸に負担をかけるので、白湯や常温の水がおすすめです。

・ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが乱れていると、男性ホルモンが優位になって肌の水分量が低下してしまいます。
ホルモンバランスの乱れを招くのは睡眠不足や過度のストレス、栄養バランスの崩れなど。
とくにビタミンB群やビタミンC、鉄や亜鉛が不足すると肌が荒れやすくなるので、意識的にとるようにしましょう。食事からとりにくい場合は、サプリメントを併用するのがおすすめです。

ニキビを改善するためには「皮脂をスッキリ洗い流さなきゃ!」と思い込んでいる方が多いかもしれません。
しかし、洗顔のし過ぎは、かえってニキビの悪化につながってしまいます。
あくまでも優しい洗顔を行い、正しい保湿ケアと生活習慣で、乾燥ニキビの改善を目指していきましょう。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036