オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

まつげを傷めずに美カールを作る【ホットビューラーの正しい使い方】

まつげを綺麗にカールさせてくれるホットビューラーですが、使い方を間違えるとかえってダメージを与えてしまうことがあります。
ホットビューラーを使うとまつげにどのようなダメージがあるのか、傷みを防ぐ使い方とあわせてチェックしてみましょう。

ホットビューラーがまつげに与えるダメージとは

≪熱ダメージがパサつきや切れ毛の原因に≫

ホットビューラーは、ヒーターの熱によってまつげをカールさせます。
仕組みとしては髪に使うアイロンと同じです。

しかしヘアアイロンを長時間使用していたり、設定温度が高すぎたりすると、髪が傷みますよね。
それと同じように、ホットビューラーも使い方を間違えると、まつげにダメージが加わり、パサつきや切れ毛の原因になってしまうのです。

ではそのようなダメージを減らすための使い方を、以下からマスターしていきましょう。

まつげの傷みを防ぐホットビューラーの使い方

まつげの傷みを防ぐホットビューラーの使い方

≪STEP1.まずは通常のビューラーを使う≫

ホットビューラーだけでまつげをカールさせようとすると、どうしても使用時間が長くなり、熱によるダメージが大きくなってしまいます。
熱ダメージを最小限にするために、まずは通常のビューラーで、まつげを軽くカールさせておきましょう。
あまり強く挟まずにやさしくカールさせることで、通常のビューラーによるダメージも減らすことができます。

≪STEP2.マスカラ下地をつける≫

まつげが軽くカールしたら、マスカラ下地をつけます。
マスカラ下地を使用することにより、まつげにより綺麗なカールとボリュームを与えられます。
なお、トリートメント効果のある下地を使えば、まつげへのダメージをさらに減らせるのでおすすめです。

≪STEP3.ホットビューラーを使う≫

マスカラ下地が乾いたら、ホットビューラーをまつげの根元近くに当てて、毛先に向かって滑らせましょう。
目の中央→目頭→目尻の3回に分けて当てることで、放射状に広がった綺麗なカールになります。

ただし、ホットビューラーを長時間当てるのはNG!
根元近くに3秒、その後毛先に滑らせてから3秒程度で十分です。
なお、ホットビューラーの機種によって使用時間が異なることがあります。
ダメージやトラブルを避けるために、説明書をよく読んでから使用しましょう。

≪STEP4.マスカラをつける≫

綺麗なカールができあがったら、マスカラをつけて完成です。
この時のポイントは、まつげの熱が収まってからマスカラをつけること。
まだ温かい状態でマスカラをつけると、マスカラの重みでカールが取れやすくなるので注意しましょう。

ホットビューラーを使う際に重要なポイントは、通常のビューラーと併用すること、そして使用時間を守ることです。
目元の美しさを維持していくために、自まつげに負担をかけない使い方を心がけてくださいね。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036