オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

ダイエット運動の新定番! 「スロージョギング」の効果とやり方

ダイエット運動の新定番! 「スロージョギング」の効果とやり方

世の中にはさまざまな運動法がありますが、中でもダイエット効果が高いことで注目されているのが「スロージョギング」です。
スロージョギングとは、その名前の通り、歩くぐらいの速度でゆっくりと走る運動のこと。
テレビ番組などで紹介され、「疲れにくいから続けやすい」と多くの人に支持されています。
今回はそのスロージョギングでどのような効果が得られるのか、具体的なやり方とあわせて探ってみましょう。

スロージョギングの効果

スロージョギングには高いダイエット効果が期待できます。
その理由は、消費カロリーや脂肪燃焼効果が高いため。スロージョギングをすると、ウォーキングをしたときの1.6倍ものカロリーを消費できるといわれているのです。
また、遅筋を使うために乳酸量が抑えられて疲れにくく続けやすい、というメリットもあります。
スロージョギングは、「疲れずに効率よく痩せたい」という方に最適な運動法なのです。

スロージョギングのやり方

ダイエット運動の新定番! 「スロージョギング」の効果とやり方

スロージョギングは、以下のポイントを守って行いましょう。

姿勢を伸ばして、やや前傾に

体を少し前に傾けることで、自然と足を踏み出しやすくなります。
ただし背筋が曲がると効果が半減するので注意しましょう。
あごは引かずに少し上げて、できるだけまっすぐ遠くを見ることがポイントです。

肘を軽く曲げて、小さく振る

腕は90度程度に曲げて、体の横に置きます。
両脇に添えて力を抜き、小さく振る程度にしましょう。

歩幅は狭く、足の指の付け根で着地する

歩幅はできるだけ狭く、10センチ程度に保ちます。
かかとに衝撃を与えないように、足の指の付け根から着地しましょう。

地面を蹴らずに押す

地面を蹴り上げると、速筋が使われて疲れやすくなります。
飛び跳ねずに地面を押す感覚で、少しずつ前に進みましょう。

話ができるペースでゆっくりと

スロージョギングでもっとも重要なのは、走るスピードです。
初心者なら時速3~5kmを目安にしましょう。
笑顔を保てるような、楽な速度で走ることがポイントです。

1日30分を目安に、疲れたら歩いてOK

まずは1日30分の走行を目標しましょう。
走っている最中に疲れたら、その場から歩いてもOKです。
慣れてきたら、1日60分まで増やすことをおすすめします。

呼吸は自然にくり返す

呼吸は無理に意識する必要はありません。
歩くときと同じような自然な呼吸を心がけましょう。

スロージョギングはゆっくり走るためにストレスがかからず、美容や健康にも良いといわれています。
理想的な体型を手に入れるために、そして体の内側からあふれる美しさを保つために、簡単で続けやすいスロージョギングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036