オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

驚くほど簡単! 箸置きダイエットの効果と方法

特別な道具も必要なく始められる上に、つらくないのに効果が出ると話題の「箸置きダイエット」をご存じですか? 
箸置きダイエットは「痩せたいけれどきついダイエットは続かない」「無理な食事制限をしないで健康的に痩せたい」という方におすすめのダイエット方法です。
今回は、箸置きダイエットの概要や効果、方法をご紹介します。

箸置きダイエットとは?

箸置きダイエットは、文字通り食べ物を口に入れた後、箸を箸置きに置くだけというとてもシンプルなダイエット方法です。
これだけでダイエット効果があると言われているのはなぜなのでしょうか? 

食べ過ぎてしまいやすい人は、早食いになっていることが多く、満腹中枢が満腹サインを感じるまでに食事を終えてしまっています。
そんな方は、一食分を食べ終わった後も満腹を感じられず、間食をしてしまいがちです。
一食当たりの量が少しずつ増えていく方もいます。食事を食べるスピードが早すぎる方に、箸置きダイエットはぴったりです。

一口食べて、噛み終わるまで箸を箸置きにおくようにすると、食事の時間が自然に長くなります。
いつもより少量の食事でも噛むことで、満腹を感じやすくなり、無理せずに早食いをやめられるというわけです。

また、箸を箸置きに置いている間は噛む時間と決めることで、食べ物をよく噛むようになります。
良く噛むと、食事で使うカロリーも増えます。

箸置きダイエットの方法

箸置きダイエットの方法は、「一口食べて、次の食べ物を口に入れるまで20秒間箸を箸置きに置くこと」「箸を置いている間は30回ほどしっかり噛むこと」です。
とても簡単な方法ですが、普段あまり噛まないで食事をしている人が実際やってみると想像していたよりも難しく思うこともあるようです。
一口分を30回噛んでから飲み込むようにして食べると、いつもの食事量を食べきれないで終わる方もいらっしゃいます。こうして自然と食事量は減っていくわけです。

また、箸置きダイエットの効果は自然と食事量が減るからダイエットにつながるだけでなく、他にもたくさんの効果があるんです。
次項で、箸置きダイエットの効果をご紹介します。

箸置きダイエットの効果

箸置きダイエットの効果

箸置きダイエットを始めると、自然と食事量が減るのでダイエットにつながります。
また、よく噛むようになることで、便秘が解消されるため、老廃物を溜め込む体質が改善されます。
よく噛むと、胃腸にかかる負担が減って胃腸が疲れにくくなります。活発に胃腸が動くと便秘になりにくくなるので、ダイエットの大敵である便秘を防ぐことができるというわけです。

また、よく噛むようになると、口周りの筋肉を今までよりも使うようになります。すると表情筋が鍛えられるため、小顔になっていく効果も期待できるのです。噛むときに左右対称に使うようにすると、バランスよく鍛えられるので意識して使ってみましょう。

ついつい箸を置かないまま、食事を次々に口へ運んでしまう生活を送っている方は少なくないでしょう。
忙しいと、噛む回数がどんどん少なくなる方もいらっしゃると思います。

ダイエットを考えているなら、まず簡単にできる箸置きダイエットで健康的なダイエットを取り入れてみてください。
箸置きダイエットは、食事を制限したり、ダイエットフードを取り入れたりするよりも簡単に始められるだけでなく、健康にもいい食事方法です。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036