オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

「なんだか老けた……?」目尻のシワの原因とケア方法

「なんだか老けた……?」目尻のシワの原因とケア方法

年を重ねるのとともに肌の悩みは増えていきますが、中でもとくに目尻のシワに悩む方は多いでしょう。
いくらトラブルのない肌をキープしていても、目尻にシワが入っているだけで老けた印象を与えてしまいます。
いつまでも若々しい印象をキープするためには、目尻のシワをケアしていくことが大切です。
そこで今回は、目尻のシワの原因を掘り下げ、ケア方法を探っていきます。

目尻のシワの原因とは?

肌の乾燥

保湿不足や紫外線、間違ったクレンジングや洗顔、年齢による肌水分量の低下などで肌が乾燥するとシワが刻まれやすくなります。
乾燥による目尻のシワは細かく小さいので油断しがちですが、この段階でケアをせずに放置するとさらに大きく目立つシワになってしまうため要注意です。

アイメイクやクレンジングでの摩擦

目元はアイメイクをすることもあり、摩擦が加わりやすい部分です。
また、落としにくいアイメイクをオフするときは、ついゴシゴシと擦ってしまいがちですが、この際も大きな摩擦が加わっています。
ただでさえ薄い目元の皮膚に摩擦が加わると、ダメージが蓄積してシワができてしまいます。

頭皮がたるんで目尻にシワ寄せが……

頭皮と顔の皮膚は1枚でつながっています。
加齢やシャンプーの摩擦、紫外線ダメージなどによって頭皮がたるむと顔の皮膚にシワ寄せが生じ、目尻にシワができやすくなります。
目尻にシワができると、目元や顔の皮膚を中心に原因を探しがちですが、実は頭皮という意外なところからシワ寄せがきているのです。

目尻のシワのケア方法とは?

目尻のシワのケア方法とは?

目元専用の保湿ケアを行う

目尻のシワをケアするためには、しっかりと基本の保湿ケアをしたうえで目元専用の保湿ケアを行うことが大切です。
まずは化粧水でたっぷりと水分を与えます。その後は目元専用のアイクリームをやさしく塗り込みましょう。
あまりに強く塗り込むと摩擦によるダメージが加わる可能性があるため、やさしい力加減で行ってください。目尻のシワを片手で伸ばし、シワの中に塗り込むようにしてシワをケアするのがおすすめです。
手も中でも薬指は力が入りにくいため、薬指を使って軽いタッチで塗りましょう。
また、目尻のシワにはヒアルロン酸注入のパッチを使用するのもおすすめです。
清潔な肌に貼って寝るだけでOKなので、忙しくてスキンケアに満足な時間が取れないという女性にも最適です。

頭皮マッサージでたるみを防ぐ

顔のスキンケアと同等に行って欲しいのが、頭皮のスカルプケアです。
目尻へのシワ寄せをこれ以上大きくしないようにするためにも、シャンプーやバスタイムのときに頭皮マッサージをしましょう。
簡単なのは、首や髪の生え際に指を立てて、頭の頂上に向かって動かすという頭皮マッサージ。このひと手間を加えるだけで、頭皮のたるみケアにつながります。
ほどよく力を入れて、ゆっくりと指を滑らせましょう。
スキンケアと同じようにスカルプケアにも関心を持って、やさしく丁寧にケアしてください。

子どもの頃から「人と話すときは相手の目を見るように」と習いますが、これによって目元は人の視線を大きく集めるパーツといえます。
目元はその人の印象を大きく左右するのです。
老けたという印象を与えないようにするためにも、しっかりと目尻のケアをしていきましょう。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036