オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

秋こそ本格的に美白ケア! 紫外線対策&スキンケア方法まとめ

になると気温が下がって日差しも柔らかくなりますが、そんな時期でも美白ケアは必要だってご存じでしたか? 「夏が終わったから、美白ケアはもう必要ない」と思って止めてしまうと、シミリスクが倍増する恐れがあるのです。その理由を、秋こそ取り入れたい美白ケア&紫外線対策方法と一緒に探ってみましょう。

秋こそ美白ケアが必要なシーズン! その理由とは

秋の前の季節は、紫外線が1年のうちでもっとも強い夏。ですから、秋の肌には夏の紫外線ダメージが蓄積されています。これを放っておくと、肌の奥に潜んでいるメラニンがじわじわと表皮に現れ、シミになってしまいます。

また、秋も意外と紫外線が強いってご存じでしたか? 油断していると新たなダメージが蓄積し、シミやくすみが悪化することに。秋の乾燥ダメージが加われば、より目に見える形でメラニンが現れてしまうでしょう。

秋こそ取り入れたい美白ケア&紫外線対策方法

夏と変わらぬ美白ケアを

夏場に美白ケアをおこなっていたなら、秋になっても継続することをおすすめします。なぜなら美白ケアを中断すると、肌内部のメラニン環境が元に戻ってしまう危険性があるためです。たとえば美白美容液を使っていたなら、秋冬も使い続けるようにしましょう。

美白ケア+高保湿ケアにシフト

秋になると湿度が低下し、肌も乾燥しやすくなります。実は乾燥は、シミができる一因になります。ターンオーバーが乱れる影響で、メラニンが蓄積しやすくなるのです。 秋になったら美白ケアだけでなく、十分な保湿も欠かさないようにしましょう。化粧水や乳液などの基礎化粧品を高保湿タイプにシフトし、美白美容液は使い続ける……などの工夫が効果的です。

乾燥しがちなら加湿器の導入を

高保湿タイプの基礎化粧品を使っても肌が乾燥しやすい場合は、空気の乾燥も少なからず影響していると考えられます。特に暖房を使うと、室内の湿度は大きく低下してしまうもの。加湿器を使って、空気中にもうるおいを与えましょう。 ただし、加湿しすぎるとカビの繁殖を招いてしまいます。室内の湿度は60%程度に保つことがポイントです。

秋も日焼け止め+UVカットグッズで紫外線対策

実は秋の紫外線量は、春先の紫外線量とあまり変わらないといわれています。しかも秋は気候が良く、紅葉狩りやピクニックなどが楽しいシーズンです。外で過ごす時間が長くなれば、その分、肌には紫外線ダメージが蓄積しやすくなります。秋も日焼け止めやUVカットグッズを駆使して、夏と変わらぬ紫外線対策を心がけましょう。

秋のうっかり日焼け対策にはサプリがおすすめ

紫外線に油断しがちな秋は、日焼け止めを塗り忘れてしまうことも多いもの。「しまった!」と思っても、紫外線ダメージが肌にしっかり蓄積してしまいます。そんなうっかり日焼けの予防には、日焼け止めサプリがおすすめです。飲む習慣を身に着けていれば、夏の間に蓄積したダメージも軽減されやすくなりますよ。

透明感のある明るい素肌を保つためには、秋も美白ケアや紫外線対策を続けることが大切です。肌質やライフスタイルに適したケアを選択して、シミやくすみに悩まされない肌を手に入れたいですね。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036