オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

下半身デブの原因って? 足腰尻ばかりが太くなる原因とダイエット術

太ももやふくらはぎ、お尻のお肉が気になる、いわゆる「下半身デブ」でお悩みの女性は少なくありません。上半身はスッキリとしているのに下半身ばかりが太くなると、脂肪の付きすぎを気にしてしまいますが、実は下半身デブを招く原因は脂肪だけではありません。 今回は、多くの女性が気になる「下半身デブ」が起こる原因を解説すると共に、効果的なダイエット方法をいくつかご紹介します 。

下半身デブを招く、2つの大きな原因は?

下半身につきやすい「セルライト」の存在

女性の下半身太りの大きな原因がセルライトです。セルライトとは、皮下脂肪の組織が肥大化したもの。血行不良や基礎代謝の低下などが原因で生じやすくなります。太ももやおしりなどによく見られるボコボコとした皮膚の凹凸がセルライトです。

セルライトは一度できるとなかなか落とすことが難しく、どんどん脂肪が蓄積しやすくなってしまいます。

余分な水分が溜まる「むくみ」の存在

塩分や糖分の多い食事が多かったり、水分補給が少なかったりすると、リンパや血流の流れが悪くなります。すると、下半身に老廃物が溜まりやすくなり、むくみを引き起こすのです。むくみを長期間そのままにしておくと、脂肪がつきやすい体質になる恐れがあります。

下半身デブを解消! 原因別ダイエット法

脂肪による下半身デブの解消法

脂肪太りを解消するには、脂肪のつきにくい生活習慣を心がけることが大切です。脂肪になりやすい糖質・脂質の少ない食事を三食バランスよく食べましょう。無理な食事制限は、リバウンドを引き起こしがちなので避けるべきです。

また、すでについてしまったセルライトを燃焼するには、有酸素運動が最適。体を動かすのが苦手……という方は、水中ウォーキングやサイクリングがおすすめです。身体への負荷が少なく、効率的に脂肪を燃焼させる効果が期待できます。

むくみによる下半身デブの解消法

むくみが引き起こした下半身デブを克服するためには、下半身の血流やリンパの流れをスムーズにしましょう。ゆっくり湯船につかって身体を温めたあと、下半身を念入りにマッサージするのがおすすめです。毎日の習慣にすることで、溜まった老廃物を少しずつ流すことができます。

また、血流アップには筋力をつけることも大切です。デスクワークや家事の合間につま先立ちを繰り返すだけでも、ふくらはぎの筋力を鍛えることができますよ。

ダイエットを成功させる秘訣は、太った原因をきちんと把握し、自分に合ったダイエット法を継続することです。頑張ってダイエットしても、なかなか下半身が痩せない……という方は、今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036