オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

正月太りのリセット術! 今すぐできる4つの方法

普段から太らないように気をつけている人でも、お正月は少なからず体重が増えてしまいますよね。年末年始の休み明けに体が重くなっていたり、顔が丸くなっていたりすると、人に会うのも憂鬱になってしまうもの。そこで今回は、正月太りに悩む方に向けて、誰でも簡単にできるリセット術をご紹介します。健康的に正月太りを解消したい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

今すぐ始めよう! 正月太りのリセット術

夕飯は野菜中心・主食を控えめに

そもそも正月太りの主な原因は、摂取カロリーの増加です。普段よりも多くのごちそうを食べるせいで、体が重くなってしまいます。

しかし、食べたものがすぐに脂肪として蓄積されるわけではありません。今から調節すれば、以前摂りすぎたカロリーとのバランスが取れて、脂肪の蓄積を防ぐことができます。

そのために心がけたいのが、夕飯のコントロールです。リセット中は夕飯の摂取カロリーを半分程度に抑えましょう。

ごはんやパンなどの糖質は脂肪として蓄積されやすいので、野菜を多めにすることがポイントです。野菜、豆腐、きのこ、しらたきなどをたっぷり入れたお鍋がおすすめですよ。

よく噛みながらゆっくり食べる

食事をよく噛みながらゆっくり食べると、満腹中枢が刺激され、満足感を得ることができます。一口につき、30回噛むことを意識してみましょう。

ついつい早く食べてしまう人は、一口ごとにお箸から手を離すという方法がおすすめです。箸置きを用意して、箸を置いてからよく噛んで食べてみてください。この一手間でゆっくり食べるようになり、自然と食べ過ぎを防ぐことができますよ。

1日30分のウォーキングを習慣に

正月太りをリセットするためには、やはり運動も必要です。特に寝正月で運動不足の人は、積極的に動きましょう。

おすすめの運動法は、1日30分程度のウォーキングです。背筋を伸ばしながら、リズミカルに楽しく歩くことがポイント。もちろん30分以上歩いてもOKですが、定期的に続けることが大切なので、無理はしないでくださいね。

夜は早めに寝る

夜ふかしをすると何か食べたくなってしまううえに、ホルモンバランスが乱れて太りやすくなります。食欲を抑えるホルモン「レプチン」が減ると同時に、食欲を増やすホルモン「グレリン」が増え、食欲のコントロールが難しくなってしまうのです。

また、代謝をアップさせる成長ホルモンの分泌量も低下し、痩せにくくなります。正月太りをしっかりリセットするために、夜は早めに寝て生活リズムを整えましょう。

サプリメントも活用しよう

すでに寝不足が続いていた人、代謝が落ちている人などは、上記のようなリセット術を取り入れても、なかなか元に戻らないことがあります。そんなときは、体の内側からダイエットをサポートするサプリメントを活用してみましょう。

ビタミンやアミノ酸など、代謝を助ける栄養素を補うことで、よりスムーズなリセットが可能になります。ご紹介したリセット術とともに、ぜひ取り入れてみてくださいね。

お正月に体重が増えても、すべてが脂肪として蓄積されているわけではありません。ただし、そのまま食べすぎや運動不足が続けば、正月太りをリセットできなくなってしまうもの。今ならまだ間に合いますから、食事をコントロールしたり、サプリメントを活用したりして、元通りの軽い体を取り戻しましょう!

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036