オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

ビューラーにも要注意!? まつげが伸びない人のNG生活習慣5つ

まつげが伸びない、すぐ抜けてしまう……。そのようなまつげに関する悩みは、もしかすると普段の何気ない生活習慣が関係しているかもしれません。まつげの成長に悪影響を及ぼすNGな習慣を、改善のヒントと一緒に見ていきましょう。

まつげが伸びない人のNG生活習慣

目元をこすっている

目元を頻繁にこすっていると、摩擦でまつげが切れたり抜けたりしてしまいます。目がかゆくて手でこすってしまう人、メイクやクレンジング中に強くこすっている人は、まつげが思うように伸びなくなってしまうでしょう。アレルギー症状で目元がかゆい場合は、病院で相談し、適切な治療をおこなうことをおすすめします。

つけまつげやエクステをしている

つけまつげやエクステはまつげにボリュームを与えてくれますが、自分のまつ毛には多大な負担をかけています。接着剤がまつげの毛根に付着すると、まつげの成長を阻害してしまうのです。

また、つけまつげを外すときには自まつ毛が引っ張られ、抜けることが多くなります。できればつけまつげやエクステに頼らず、自まつ毛をボリュームアップさせることを目標にしてみましょう。

ビューラーを頻繁に使っている

まつげをキレイにカールさせるためには、ビューラーが欠かせませんよね。しかし、ビューラーを頻繁に使っていると、まつげが引っ張られたり、強く圧をかけられたりする影響で、抜け毛や切れ毛が多くなってしまいます。

特に、ビューラーのゴムが古くなっているときは要注意。上手くカールできず、何度もまつげを挟むことになりますから、こまめに新しいゴムに変えるようにしましょう。そのうえで、ビューラーを使わない日やアイメイクを休む日を作ると、自まつげを守ることにつながります。

アイメイクを正しく落とせていない

アイメイクがきちんと落とせていないと、まつげの成長が阻害される原因になります。マスカラやアイライナー、アイシャドウなどの成分がまつげの毛穴に詰まることで、悪影響を及ぼしてしまうのです。

とはいっても、目元をゴシゴシと強くこするようなクレンジングはNGです。専用のリムーバーを含ませたコットンや綿棒を使って、すみずみまで優しく丁寧に落とすようにしましょう。まつげの生え際に入り込んだアイライナーは、まぶたを反対側の指で軽く持ち上げてから、綿棒で撫でるように落とすと効果的ですよ。

夜ふかしをしている

睡眠とまつげ、一見何の関係もないように思えますよね。しかし、この2つは深く関係していて、睡眠時間が不足すると成長ホルモンの分泌量が低下し、まつげが思うように伸びなくなってしまいます。

睡眠不足は、肌にも髪にも良くありません。夜ふかしは避けて、早めの就寝を心がけましょう。

サプリメントも活用して美まつげに

今回は、まつげが伸びなくなるNG習慣についてご紹介しました。健やかなまつげを保つためには、このような習慣をやめるとともに、十分な栄養を摂ることも大切です。

まつげが育つためには、ビタミンやミネラルなど、多くの栄養が必要になります。さまざまな食材を取り入れたバランスのいい食事を心がけるとともに、まつげの成長をサポートするサプリメントも活用して、太く長い理想的なまつげを目指していきたいですね。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036