オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

アイメイクのNGクレンジングって? 今すぐ知りたい正しい方法



「まつげがすぐに抜けて伸びない」「目元の肌が乾燥しやすいうえに黒ずんでいる」
そのような悩みは、もしかしたらアイメイクのクレンジングが原因かもしれません。間違った方法でアイメイクを落としていると、デリケートな皮膚やまつげに負担がかかり、目元の美しさが損なわれてしまいます。どのようなクレンジング方法がNGなのか、正しい方法や手順とあわせて確認してみましょう。

目元に負担を与えるアイメイクのNGクレンジング

ベースメイク用のクレンジング剤で落とす

雪アイメイクに用いるマスカラやアイライナーなどは、ベースメイク用のコスメより落ちにくい性質を持っています。そのため、ベースメイク用のクレンジング剤で落とそうとするとどうしても時間がかかり、目元に負担をかけてしまいます。

ゴシゴシとこする

アイメイクをゴシゴシとこすって落とすのも、乾燥や色素沈着などの原因になります。目元は皮膚が薄いため、摩擦ダメージで傷つきやすいのです。また、まつげの根元にもダメージが加わり、切れ毛や抜け毛などを招いてしまいます。

メイクが残っている

アイメイクは肌をこすらずに落とすことが基本ですが、いくらやさしく落としていてもマスカラやアイラインなどが残っていては意味がありません。アイメイクを落とし切れていないと、目元がくすむ原因になってしまいます。

アイメイクの正しいクレンジング方法

ポイントメイク専用のリムーバーで落とす

アイメイクのクレンジングに時間をかけると目元への負担が増えてしまいますから、ポイントメイク専用のリムーバーで素早く落とすことが大切です。ベースメイクのクレンジング前に、リムーバーで丁寧に落としておきましょう。 最近では、マスカラ形状のリムーバーも登場しています。マスカラを塗るときのように使えば、まつげの隅々までリムーバーを行き渡らせることができて大変便利ですよ。

コットンと綿棒で丁寧に落とす

リムーバーを使用しているほとんどの方が、コットンでアイメイクを落としていますよね。しかし、目元やまつげの生え際は凸凹が多く、コットンだけで落とすのは困難な部分も。できれば綿棒にもリムーバーを染み込ませて、細かい部分のクレンジングに使いましょう。

リムーバーをなじませてから落とす

ウォータープルーフタイプマスカラを使用していると、リムーバーを使ってもすんなり落とせないときがあります。そんなときは、リムーバーを染み込ませたコットンを目元に10~30秒くらい乗せてから落とすのがおすすめです。リムーバーがマスカラを溶かしてくれるため、簡単に取り除くことができますよ。

アイメイクのクレンジング手順

以上のポイントを踏まえたうえで、アイメイクの正しいクレンジングの手順をご紹介します。コットンと綿棒の使い方もチェックしてみてくださいね。

① ポイントメイク専用のリムーバーをコットンと綿棒に含ませる
② 目元にコットンを乗せて10~30秒待つ
※マスカラの落としにくさによって秒数を変える
③ コットンをまつげの下に当てて、その上から綿棒でなでるようにマスカラを落とす
④ まぶたを反対側の指で軽く持ち上げてから、綿棒でアイラインを落とす
⑤ アイシャドウを折りたたんだコットン、もしくは綿棒で落とす

目元は顔の印象を決める大切なパーツですが、皮膚もまつげも非常にデリケートです。いつまでも美しい目元をキープするために、正しいクレンジングを心がけていきたいですね。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036