オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

光老化とは? 肌が老ける原因の約8割が紫外線って本当?

近年、美容や健康系のメディアなどでよく耳にするようになった「光老化」という言葉ですが、そもそもどのような現象なのか、皆さんはくわしく知っていますか? 紫外線が引き起こす老化のメカニズムを、光老化を防ぐ方法とあわせて探ってみましょう。

光老化とは?

光老化とは、紫外線によって引き起こされる肌の老化現象のこと。紫外線を浴びると肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチンなどがダメージを受け、シミやたるみが生じます。さらにメラニンの生成が促され、シミが増加します。このようなダメージや変化こそ、私たちが恐れている光老化という現象なのです。

肌が老ける原因の約8割は光老化!

肌が老ける原因の約8割が、紫外線による光老化だといわれています。年齢を重ねると、誰でも肌に老化現象が生じるもの。しかし、お年寄りの方でも、あまり日光にさらされない二の腕の内側や太ももの肌は、比較的白くてハリもありますよね。一方、日光をよく浴びる顔や手は、シワやシミが目立つ傾向にあります。それだけ光老化は、見た目年齢を引き上げる原因になってしまうのです。

光老化を防ぐ紫外線対策方法

光老化は紫外線によって引き起こされるものですから、日々の紫外線対策が必要です。ハリのある若々しい肌を保つために、以下のような対策を心がけましょう。

UVAカット効果のある日焼け止めを使う

肌にダメージを与える紫外線は、主にUVAとUVBに分けられます。このうち、光老化に大きく関わっているのは、波長が長く、肌の奥深くにまでダメージを与えるUVAです。 UVAをしっかりカットするためには、日焼け止めに表示されているPA値に注目することが大切です。「+」の数が多いほどUVAカット効果が高くなるので、日常生活ではPA++~+++、レジャーシーンではPA++++の日焼け止めを使うようにしましょう。

曇りの日や屋内でも対策をする

光老化を引き起こすUVAは、雲や窓を通り抜ける性質があります。天気が悪い日や家の中で過ごすときも、できるだけUVAカット効果のある日焼け止めを塗りましょう。

屋外では日傘、帽子、サングラスなどを併用する

屋外ではUVBも降り注いでいるため、より入念な紫外線対策が必要です。日焼け止めを塗るとともに、UVカット効果のある日傘、帽子、長袖、サングラスなども併用しましょう。UVカットグッズで肌を守ることで、より光老化リスクを減らすことができます。

栄養補給も忘れずに

ビタミンA、C、Eなどは、紫外線によるダメージから回復するために欠かせない栄養素です。これらを十分に補うために、日頃からバランスのいい食事を心がけましょう。足りない栄養素は、サプリで補うと効果的です。

将来の肌を守るためにも光老化対策を!

紫外線によるダメージは肌に蓄積され、将来の肌にまで悪影響を与えるといわれています。今から十分な対策を心がけて、いつまでも若々しくハリのある肌を保っていきたいですね。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036