オルトから最新美容トピックをお届けします。「美神(びじん)コラム」

爪が弱くて割れやすい……強くする習慣やケア方法はある?

「爪をキレイに伸ばしたいのに、ちょっとした衝撃で割れたり欠けたりしてしまう……」。このような爪に関する悩みを持つ女性は少なくありません。爪がすぐに割れてしまっては、ネイルも思いきり楽しめなくなってしまいますよね。今回は爪が弱くなる原因を、強くする習慣やケア方法と一緒に探ってみましょう。

爪が弱くなる原因とは?

栄養不足

爪は髪の毛や皮膚と同じようにたんぱく質でできています。そのため、過度なダイエットやバランスの悪い食事によってたんぱく質が十分に摂れていないと、爪がもろくなる原因になってしまいます。また、代謝を助けるビタミンAやビタミンB群が不足したときも爪が弱くなりやすいため注意が必要です。

爪切りや除光液によるダメージ

普段何気なく使っている爪切りや除光液、実は爪にとても負担をかけるってご存じでしたか? 爪切りはパチンと切るときに大きな衝撃が加わり、ひび割れや二枚爪の原因になってしまうのです。そして除光液は爪の水分や油分を奪うため、爪が乾燥してもろくなる原因になります。

爪を強くする習慣&ケア方法

たんぱく質やビオチンを積極的に摂る

爪を丈夫にするためには、たんぱく質の補給が欠かせません。たとえダイエット中でも、たんぱく質を豊富に含む肉、魚、卵、大豆製品、乳製品などをバランスよく食べましょう。 また、ビタミン類を補給することも大切です。特にビタミンB群の一種であるビオチンは爪の健康に欠かせないといわれています。ビオチンはレバー、卵、ナッツ類、きのこ類などに含まれていますから、こちらも積極的に食べることをおすすめします。カロリーが気になる場合は、ビオチンが配合されたサプリメントを活用すると効果的です。

長さや形は爪やすり(ネイルファイル)で整える

爪切りは爪に大きな負担をかけるため、長さや形を整えたいときは爪用のやすりを使いましょう。爪やすりは一般的に「ネイルファイル」と呼ばれ、ドラッグストアや100円ショップなどで売られています。やすりの目の粗さは、180~240グリットのものがおすすめです。

なお、使うときは爪の先端にやすりを当て、一方向のみに動かして削ることがポイントです。やすりを往復させると爪に負担をかけてしまうので避けてくださいね。

オイルマッサージで乾燥&血行不良対策

爪の乾燥対策には、オイルケアがおすすめです。使用するオイルはネイル専用のものはもちろん、ホホバオイルやオリーブオイルといったスキンケアに使うものでも構いません。オイルが苦手な場合はハンドクリームでもいいでしょう。

さらにオイルやクリームを塗るときにマッサージをすると血行が良くなり、爪の成長を助けることができます。手のひら全体をもみほぐしてから、爪の根元を指先で挟むようにもむと効果的ですよ。

.

爪は栄養補給とちょっとした習慣で強くなる!

爪は体の健康状態に左右されやすいパーツですから、まずは栄養をバランスよく補給することが大切です。そのうえで爪が喜ぶ習慣やケアを続けて、強く丈夫な爪に育てていきたいですね。

コラム一覧に戻る

渋谷から
健康と笑顔を
お届けします

受託開発(OEM)に関するお問い合わせ、
弊社への各種お問い合わせは
こちらから受け付けております。
お問い合わせはこちら
03-3498-1036